Search:
IE Business School Japanese Alumni Chapter | オンラインMBAで確信した成長
22032
post-template-default,single,single-post,postid-22032,single-format-standard,edgt-core-1.2,ajax_fade,page_not_loaded,,hudson child-child-ver-1.0.1,hudson-ver-3.1, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,side_menu_slide_from_right,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive

オンラインMBAで確信した成長

May 01 2018

オンラインMBAで確信した成長

2017年の9月に入学し、現在Term2途中のRIです。Global MBA入学式から始まる最初のレジデンシャル期間に参加した授業で、こんなにも自分は出来ないのかという失意の下、マドリードを後にして帰ってきたのが随分昔に感じます。

 

Latest posts by RIさん (see all)

     

    Why MBA? Why IE?

    アメリカに転勤し、買収先のメディカルデバイス企業のマーケティング部門で、アメリカ人だけのチーム、しかもMBAホルダーに囲まれて働く中で、少しでも発言力を上げたくてMBAに挑戦することにしました。近隣に有名なフルタイムMBAがありましたが、金額や期間を考えると選択肢から外さざるを得ませんでした。オンラインMBAを考えた時、他のMBAに比べて多様性豊かで、テクノロジーやイノベーションに強いプログラムが魅力的で、IEを受験しました。

     

     

    MBAでの失意から、オンラインならではの挽回策へ

    胸が高まる思いでマドリードに行き、同級生と授業を受けました。最初のチームビルディングの授業は、有名教授のBalvinder先生による熱い授業。トップスクールにはこんなすごい教授がいるのかと感動。続いて経済学、ファイナンスの授業を受ける中で、英語力がネックになりました。アメリカで勤務して日常的に英語を使用していても、初対面の有能な同級生数十人の前で挙手が一歩遅れる自分に嫌気がさすことが度々ありました。最初のレジデンシャル期間は、自分自身のクラス内での存在感の低さを痛感し、失意のもとマドリードを去る事になりました。

     

    しかし、程なく、完璧じゃない英語を話す日本人にとって、実はGlobal MBAが最適なプログラムではないかと思うようになりました。他の方も書かれている通り、平日はケーススタディをベースとしたオンラインフォーラムで記述式の議論。加えて、土曜日にライブ授業があり、プレゼンテーションやネゴシエーションの機会もある双方向型の授業が行われます。

     

    このオンラインフォーラムのお陰で、他の同級生より自分の考えが面白い事も多い事に気付きました。さらに、均等な発言機会があるオンラインフォーラムで教授から褒められて自信がつき、ライブ授業でもガンガン発言するという良いサイクルが出来ました。この好循環でクラス内での存在感も上がって、仲の良い同級生を増やすことが出来ました。そんな気持ちの変化と共に参加した2度目のマドリードでのレジデンシャル期間。自信満々で授業中ガンガン発言出来る自分の変化にも驚きながら、クラスメートとの結束力を強化した上で、現在Term 2が進行中です。

    Share Post
    Tags: