Search:
IE Business School Japanese Alumni Chapter | マッキンゼーからスタートアップへの転職
23689
post-template-default,single,single-post,postid-23689,single-format-standard,edgt-core-1.2,ajax_fade,page_not_loaded,,hudson child-child-ver-1.0.1,hudson-ver-3.1, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,side_menu_slide_from_right,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive

マッキンゼーからスタートアップへの転職

Nov 08 2021

マッキンゼーからスタートアップへの転職

2019年7月に卒業IEのInternational MBAを卒業後、2021年8月にIE のExecutive MBA卒業生が起業した株式会社アルダグラムに入社し事業開発を担当されている伊東さんにお話を伺いました。

伊東 伸司さん
Latest posts by 伊東 伸司さん (see all)

     

     

    IE入学前後~スタートアップに転職するまでのキャリア

    IE入学前は日系の大企業に勤務していました。人にも恵まれた環境でしたが、将来的に自分で経営者として活躍するには相当時間がかかる、また成長カーブが鈍化してきたと感じてIEに入学することを決めました。

     

    IEはアントレプレナーシップ教育が優れており、特にVenture Labでは実際に事業の仮説検証~顧客の発掘~オペレーションを回すことまで求められます。在学中に将来スタートアップで働きたい、起業したいという思いが芽生えましたが、まずは自分のスキルを高められる環境、様々な企業の課題に直面する環境があるコンサルティング会社に魅力を感じてMcKinseyに入社しました。

     

    McKinseyでは人やクライアントに恵まれ、圧倒的に優秀な方々と共に働くことで自身のスキルを大きく高めることが出来ました。IE卒業後にMcKinseyに入社して本当に良かったです。

     

    しかし、コンサルタントとして働く中で、事業に責任を持って人を動かしながら伸ばしていく経験がしたくなり、スタートアップへの転職を決めました。アルダグラムはIE卒業生の長濱さんが創業した会社で、2019年の創業直後にIEの同窓会でお会いしたのをきっかけに出会いました。その時はまだ商品すらなかったのですが、定期的にお会いする中で事業や解決しようとしている課題、メンバーに惹かれるようになり、色々な会社からもオファーをいただきましたが、最終的にアルダグラムに入社することを決めました。

     

    オファーをいただいた時は5名ほどのスタートアップでしたが、不安は無かったです。スタートアップは昔のメルカリも今ほど成功すると予想する人はほとんどいなかったと言われるくらい分からない世界だと聞いてます。入社時の規模よりも、自分が入ることでいかに会社を成長させられるかということを考えて入社しました。

     

     

    スタートアップ企業で提供するサービス・製品

    アルダグラムでは主に建設会社様やマンション・賃貸管理会社様向けに、施工情報・進捗をクラウド上で一元管理できるSaaS製品を提供しています。

     

    建設業界はまだまだアナログな電話やFaxのやり取りが主流な上、建設従事者はどんどん減少している課題の多い業界です。我々の生活している世界は、家・マンション・道路・オフィス、全て建設従事者の方々のおかげで成り立っています。人手不足・低い生産性など様々な課題に直面する建設業界を少しでも良くしていきたいと考えています。

     

     

    スタートアップ企業を通じて成し遂げたいこと

    スタートアップ企業を通じて成し遂げたいことは2つあります。

     

    1つは、世の中の人が自身の潜在能力を発揮できる世界を作ることです。社会人が仕事を通じて辛さを感じる原因は、職業選択を誤った、生産性の無い仕事を沢山していることだと考えています。例えば、我々の調査で、建設従事者は生産性のある施工時間以外に業者間のFax・電話でのやり取りや、現場までの長距離移動など付加価値の低い仕事に多くの時間を費やしています。人々が潜在能力を発揮するためには、いかに生産性の低い業務を削減するかが重要なポイントだと思います。

     

    2つ目は上記に関わる新たな事業を立ち上げることです。今は詳しく話せませんが、私は新規事業の立上げに関わっています。IEで得た経験を活かし新たな事業を創ることが今のスタートアップで成し遂げたいことの2つ目です。

     

     

    IEのMBAのおすすめポイント

    沢山あるIEの魅力の中で私が強調したいポイントは3つあります。

     

    1. アントレプレナーシップ教育

    入学する前から聞いていましたが、プログラムを通じてIEのアントレプレナーシップ教育の強さを痛感しました。Term1から座学で事業の創り方・マインドセット・ピッチの仕方まで叩きこまれるだけでなく、Venture Labで私のチームは、ケニアでの広告関連事業の立ち上げのため、顧客にプレゼンして案件を取ってきて、事業を検証するところまで実施しました。学内でアイデアをプレゼンするだけに留まらず、実際にクライアントをとってくるところまで求められるので、徹底的にアントレプレナーシップ・事業立ち上げの経験を叩きこまれたと思います。

     

    1. 卒業後も続く魅力的な卒業生との繋がり

    IEの卒業生が口を揃えて言うのは、“卒業生がとても人格者で協力的”ということです。皆素晴らしい経歴なのに偉そうにする人はおらず、助けを求めれば助けてくれる方々ばかりです。私も今スタートアップで働いていますが、国内外問わずIE卒業生の方に助けられて事業を進めることが出来ていると感じています。またプライベートで色々なIE出身の方と食事に行ったりすることも多く、いつも刺激を貰っています。魅力的なIEファミリーの一員になれることはIEを選ぶおすすめポイントです。

     

    1. スペインという国で暮らせる経験

    スペインは料理も美味しく、気候も良く(年中ほとんど晴れ)、また旅行する場所もたくさんある(サンセバスチャン・バルセロナ等)など魅力を上げるとキリがない国です。フルタイムMBAを選ぶということは、その国で生活する経験を得ることになります。住む場所という面で、スペインは他国と比較しても最高の国だと言えるのではないでしょうか。

     

    Share Post