Search:
IE Business School Japanese Alumni Chapter | MBAで最も濃い時間、南アのプロジェクト
21696
post-template-default,single,single-post,postid-21696,single-format-standard,edgt-core-1.2,ajax_fade,page_not_loaded,,hudson child-child-ver-1.0.1,hudson-ver-3.1, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,side_menu_slide_from_right,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive

MBAで最も濃い時間、南アのプロジェクト

Feb 24 2017

MBAで最も濃い時間、南アのプロジェクト

2015年9月入学International MBAプログラム卒業生Nです。私はStartup LabかSocial Impact Labのどちらを選択するか悩み、南アフリカに行くチャンスはこれを逃したらもうないのでは?と思い、Social Impact Labを選択しました。現地での様子を体験記として寄稿します。

 

Latest posts by Nさん (see all)

     

    どんなプロジェクトを行ったか

    Social Impact Labには10人参加し、2人1組で1つのプロジェクトに取り組みました。ヨハネスブルグに着くと1週間のオリエン後、5週間インターンを行います。インターン先候補は現地の企業とNPO法人合わせて10個程あり、学校からの説明を聞いて現地に行く前に決定しました。

     

    私が担当した団体はLonely Road Foundation(以下LRF)というヨハネスブルグに拠点をおく、地方の孤児や貧しい子供の生活環境向上の支援をするNPOでした。この団体はDrop-In Centerと呼ばれる、小さい子の世話をしたり、近隣住人が集えたりする憩いの場のような施設の設立、運営を行っていました。2015年よりLRF主体でこのDrop-In Centerを使った地元の起業家養成プログラムを始め、事業を立ち上げたい人向けにマーケティングやファイナンス、アントレプレナーシップなどの教育を提供し、第1期生が卒業間近という状況でした。

     

    起業家養成プログラム卒業生が卒業後携われるビジネス機会は何か?また、LRFが貢献できる新規雇用創造チャンスには何があるか?という2つの課題解決に向けて、LRFが特に力を入れているGa-Dikgale(ガディハレ)エリアに焦点を当てたプロジェクトを実施しました。Ga-Dikgaleエリアはヨハネスブルグから車で4時間北上したところにある、電気・水道・ガス・通信・道路などのインフラがほとんど整備されていないエリアです。ここに週の半分滞在し、残りの期間はヨハネスブルグのオフィスで働いていました。

    実施したことは:

    • 現地行政と連携したGa-Dikgaleエリアでの既存ビジネス調査
    • 住人への聞き取り調査を行い、ビジネスニーズ・課題の洗い出しなど市場調査
    • 新規ビジネスをGa-Dikgaleエリアで行う際に必要な行政プロセスの整理と対応マニュアルの作成
    • 地方エリアに特化したビジネスプラン策定テンプレートの作成
    • LRF・ヨハネスブルグ近郊の既存企業・行政との連携プロジェクトを提言

    などです。

     

    Share Post